セックスなしでも感染

vial on hand

最近眠気が気になっているという方におすすめなのが睡眠薬の活用です。睡眠薬の効果は眠気の解消や集中力低下の予防などです。

避妊の効果はアフターピル服用後の生理が来るかどうかで判断出来ます。タイミングにもよりますが、知っておいて損はない情報ですね。

感染症にはいろいろな種類がありますが、その軟化でも性感染症というのは性行為を行なうことによって感染する症状です。
性感染症というと男性が発症するイメージが強いかもしれませんが、女性でももちろん感染しますし、症状によっては女性の方が感染しやすいものもあります。女性の方が感染しやすいものには「カンジダ」が挙げられます。
しかし、このカンジダというのは性行為を行なっていなくても発症する可能性があります。ですから、カンジダになったからといって性行為が原因とは限りません。
では、どのようなことが原因でカンジダお引き起こすのでしょうか?
発症する原因というのは「カンジダ菌」というカビが繁殖することで症状を引き起こします。健康な状態では感染することはありませんが、疲れが溜まっており、免疫力が低下しているというときに感染することがあります。
また、場合によっては抗生物質を服用し、体の最近バランスが崩れることで症状を引き起こしてしまう人もいます。
陰部にカンジダが感染しますが、これは高温多湿を好みからです。パンツの中というのは常に高温多湿な状態となっていますので菌が繁殖しやすいです。一般的には大人の女性が感染しやすいですが、子供のおむつの中も高温多湿なので発症する場合があります。

カンジダの症状は、陰部のかゆみ、オリモノが酒粕のようにポロポロ状になる、セックス時の痛み、排尿時の痛みなどです。
こうした症状を感じているという場合には治療をする必要があります。ただ、最近では通販でカンジダの治療薬を購入することが出来るようにもなっています。

女性の悩みの一つであるカンジダですが、薬で症状を緩和することができます。辛くて悩んでいる人はぜひチェックしましょう。

低用量ピルのヤスミンを使って、女性ホルモンのバランスを整えましょう。ニキビの予防や解消にも役立ちます。